この記事をシェアする

やりがちな美容のNG

洗顔でのNG

目が覚めるようにと、冷たい水で顔を洗ったりしていませんか。
この方法だと、皮脂はほとんど落ちません。
だからといって、温かいお湯であればいいというわけではなく、高温過ぎると乾燥の原因になってしまうので、皮脂が溶け出す温度の30度から35度のぬるま湯で洗うことをおすすめします。
洗顔の時に、洗顔料を泡立てるのがめんどうで軽く手のひらで伸ばしてそのまま洗顔していませんか。
これは、肌に洗顔料をすり込む事になるので、肌に刺激を与えてしまっている行為です。
洗顔のメカニズムは、泡が汚れを包んで浮かせて落とすという形なので、皮脂や汗、ホコリなどの様々な汚れを落とすためにもしっかりと泡立てをしましょう。
今では、洗顔ネットなども売られていますので、それを使ってきめ細かい泡を作り洗顔しましょう。

ヒゲ剃りでのNG

ヒゲ剃りは、男性の身だしなみですが、濃い人などは特に逆剃りをしていませんか。
どうしても深く剃れるからと逆剃りをしがちです。
逆剃りは、カミソリもスムースだし綺麗に深剃りされるのですが、肌への負担は大きいです。
カミソリがスムーズなのは、逆だとヒゲが肌から立った状態なのでスムーズに剃れるというわけです。
しかし、肌への負担を考えて、最初順剃りで剃って、その次に指先でヒゲをおこしながら剃れば、綺麗に剃れて肌への負担はかなり減ります。
また、時間がないときに、何もつけずにヒゲを剃ったことはありませんか。
何も付けない状態で、カラ剃りをするということは、カミソリの滑りも悪く、肌にも刃にも負担がかかります。
滑りをよくするシェービングフォームなどは必ず使いましょう。
更に、トラブル防止の為には、ホットタオルでヒゲをしっかり蒸らして柔らかくしてあげると、ヒゲ剃りトラブルは防げます。